講師=SS経営アドバイザー・公認会計士"中澤省一郎"先生による 新仕切研修会のブログです。
by shinshikiri


タグ:石油業界 ( 1 ) タグの人気記事

" 石油業界の再編と国際会計基準 " セミナー開催のご案内です。

2009年2月24日(火)セミナー開催いたします !

会計は石油業界をどう変えるか。中澤公認会計士事務所主催セミナー
石油業界の再編(M&A)と国際会計基準(IFRS)
- 国際会計基準(IFRS)の動向と概要、再編(M&A)への影響、会社を売る時・買う時 -

新日本石油と新日鉱ホールディングの経営統合を初めとして、
石油業界は、業界再編の激動の時代に突入しております。
この業界再編の一つのキーワードが2010年3月期より早期適用が可能となった
「国際会計基準(IFRS)」であります。
近い将来は全ての上場企業に強制的に適用される予定です。
川北博先生は、日本公認会計士協会元会長であり、国際的4大監査法人(BIG4)である
デトロイト・トーシュ・トーマツの日本法人・全世界のトップを務めた
唯一の日本人公認会計士であります。
佐藤信彦先生は、国際会計基準(IFRS)研究の若手研究者として第一人者であります。
中澤省一郎先生はご存知のように石油業界に最も精通した公認会計士として知られております。
元売関係者、商社、大手販社等の経営者・経理担当者、会社等の再編・買収・譲渡等に関心のある
石油関連業者の経営者のご参加を期待しております。
また、全ての特約店、代理店、販売店等の経営者の皆様に参加していただきたく存じます。


セミナーの概要です。

月日:平成21年2月24日(火曜日)
時間:受付開始 14:00 セミナー 14:30〜18:00
場所:東京一ツ橋 如水会館2階 スターホール
電話:03-3261-1101
会場ホームページ:ここをクリックしてください。
会場へのアクセスご案内のホームページが表示されます。

会費:(会費は当日会場にて申し受けます、価格は税込)
1名様 = 10,000円


セミナーのプログラム。

14:30〜15:00
川北 博先生(公認会計士、元日本公認会計士協会会長)
「国際会計基準(IFRS)の動向とアドプションの必要性」

15:00〜16:00
佐藤信彦先生(明治大学大学院会計専門職研究科研究科長・教授)
「国際会計基準(IFRS)の概要(石油業界に関係が深い部分を中心として)」

(休憩10分)
16:10〜17:30

中澤省一郎先生(公認会計士、税理士、SS経営アドバイザー)
「石油業界の再編と国際会計基準(IFRS)の関連、公認会計士の役割」

17:30〜18:00
質疑応答
----------------------------------------------------
18:10〜20:00
懇親会 1F マーキュリーにて

講師及び参加者との名刺交換、情報交換の場等としてご活用下さい。
(懇親会費は、別途で2,000円になります)


セミナーご参加お申し込みのご案内です。
c0179808_7242119.jpg
● お電話によるお申し込み。
セミナー事務局
(ガーデンネットワーク株式会社プロジェクト推進部)
まで、お電話で直接お申し込みください。
Tel 03-5546-2855
(お受付時間は平日10:00〜17:00となっております)

● FAXによるお申し込み。
申込は、左のチラシの上にカーソルを置き
1. 右クリック(windowsの場合)
2. controlキーを押しながらクリック(Macの場合)
して、ダウンロード & プリントをお願いします。
必要事項をご記入のうえ、
チラシ内に表記されたFAX番号
Tel 03-5546-2855へお申し込みください。


● メールでもお申込頂けます。
ifrs@garden-network.jp ここをクリックして
下記必要事項を記載したメールをご送信ください。

[必要事項]
・御社名
・ご担当者様
・ご住所
・ご連絡先
・お申込人数とお名前

講師及びセミナー講演内容概要のご紹介
(研修内容は都合により変更になる場合があります。)


(1)川北 博先生(公認会計士・元日本公認会計士協会会長、静岡県立大学客員教授)
・元企業会計基準委員会(ASBJ)テーマ協議会議長
・元デトロイト・トーシュ・トーマツ・インターナショナル チェアマン
・元監査法人トーマツ 理事長
・日本内部統制学会会長(現任)
<主要著書>
「会計・監査業務戦後史」日本公認会計士協会出版局(2008年)
「会計情報監査制度の研究」有斐閣(2001年)他
<研修内容の概要>
・国際会計基準のコンバージェンスからアドプションへの動向。
・国際会計基準の特色
・国際会計基準のアドプションの意味と必要性


(2)佐藤信彦先生(明治大学大学院会計専門職研究科研究科長、教授)
昭和34年12月大分県大分市生まれ。
昭和56年9月公認会計士第2次試験合格。昭和57年3月明治大学商学部卒業。
昭和63年3月明治大学大学院商学研究科博士後期課程退学。
同年4月市邨学園短期大学商経科専任講師。平成2年4月日本大学経済学部専任講師、
その後、助教授、教授を経て、
平成17年4月明治大学大学院会計専門職研究科教授。
現在、公認会計士試験委員、ASBJリース会計専門委員会専門委員など。
<主要著書>
「国際会計基準制度化論 第2版」 白桃書房(2008年)
「業績報告と包括利益」 白桃書房(2004年)
<研修内容の概要>
・国際会計基準全体の概要・特色
・資産除去債務とは。また、どう変るか。土壌汚染は
・投資不動産の時価評価とは
・卸しの売上の計上はどう変るか。 その他、石油業界に大きく係わる部分について


(3)中澤省一郎先生
(公認会計士・税理士・SS経営アドバイザー・中澤公認会計士事務所代表)

1957年千葉県生まれ。東京工業大学・同大学院で社会工学(都市計画)修了。
朝日監査法人(アーサーアンダーセン、現あずさ監査法人)等を経て、
平成10年中澤公認会計士事務所を開設。
その間に、経営に参画していた実家の同族会社を上場企業に売却。
公認会計士、税理士、不動産鑑定士補。外資系元売代理店等複数の石油販売会社の経営再建に従事。
取引構造の前近代性と情報の偏在性等業界に関心を強める。
平成18年 4月から同年9月まで月刊ガソリンスタンド「自立SS経営のすすめ」連載。
本年10月〜月刊ガソリンスタンド「新仕切で激変するSS経営」連載中。
<研修内容の概要>
・国際会計基準が業界再編へ及ぼす影響
・石油業界再編の方向性−精製(元売、石油化学)、卸し(総合商社、燃料商社、大手販社)、
小売(元売子会社、商社、大手販社、中小販社、新規参入等)
・生残りを掛けた再編M&A、撤退手段としてのM&A
・撤退手段としての廃業・・・・有利な廃業とは
・石油業界再編における公認会計士等の役割
・業界再編(M&A等)で不利にならないようにするにはどうすべきか?後悔しないようにするには?


下記はご案内用のチラシです(クリックすると拡大表示になります)
c0179808_7331652.jpgc0179808_7332762.jpg
[PR]
by shinshikiri | 2009-01-30 07:35 | 研修会開催のお知らせ